川沿治療院ブログ | 札幌市南区・鍼灸マッサージ【川沿治療院】リンパ浮腫の治療、経絡治療・訪問マッサージなど是非一度ご相談下さい。

川沿治療院
はり・灸・あん摩マッサージ指圧
ブログ
2014年09月09日 [リンパ浮腫]
先日 かでる2.7で「リンパ浮腫の予防とセルフケア」が行われました。2時間と短い時間ではありましたが、約30名の方が集まり今までのセルフケアのチェックをなさったり、初めてセルフケアを習ったりとあっという間に終わってしまいました。ご自身でセルフケアをなさっている方でもたまに 順番や力加減の確認など こうした講習会に参加されることをお勧めします。10月と11月にも講習会が開催されます。詳しい日にちなど こちらでもお知らせしていきますのでぜひ お気軽に参加して下さい。お待ちしています。

2014年08月04日 [リンパ浮腫]
リンパ浮腫の予防とセルフケアこちらに参加して参ります。皆様のご参加 お待ちしています!

2014年07月20日 [リンパ浮腫]
フラテ平成26年7月20日 北海道大学医学部友会館「フラテ」にて第3回 北海道リンパ浮腫診療ネットワーク学術集会 が開かれました。毎年7月に行われているこの会も 今年で3回目になります。だんだん 顔見知りの方が増えてきて 横の繋がりを広げると言うこの会の趣旨通りになってきました。嬉しい事です☆さて 今回は「リンパ浮腫への様々なアプローチ」と言う事で医師や看護師、理学療法士、あん摩マッサージ指圧師の方々のアプローチの仕方などお話を聞かせて頂きました。参考になる事が多々あり 早速私もいろいろ試してみようと思います。この他に ナック商会さんの 弾性物品の展示や新製品についても お話があり 有意義な一日となりました。北大

2014年07月03日 [リンパ浮腫]
ランドマーク二日目 緩和。今回は静岡がんセンターの安達 勇先生のお話を聞きました。患者さんや家族とのコミュニケーションの取り方。実例を挙げてのお話はとても参考になりました。午後からは 全身性の浮腫に対してのMLDとBdgの練習です。排液を意識したものではなく 皮膚の張り感を取ると言う意識のもと 患者さんに負担を与えないように配慮しながら…通常のMLDから 少し頭を切り離して の施術になります。この様に 患者さんは多種多様なので、患者さん一人一人に合わせた MLDやBdgを考えながらいま その方にピッタリと合った治療が出来るように 日々努力していきたいと思います。ハードスケジュールな6月でしたが 充実した6月でもありました。今月 学んだ事を後半に生かしたいと思います。 文明堂

2014年07月01日 [リンパ浮腫]
毎日新聞に「川沿治療院」が掲載されました。今回は リンパ浮腫 の事について書かれています。お手元に 毎日新聞がある方は是非ご覧になってみて下さい。

2014年06月30日 [リンパ浮腫]
講習会今月2度目の講習会です。前回とは打って変わってあいにくの雨降り…あまり暑くなくて 丁度良さそうです。今回の講習会はアセスメント・指導管理料です。初診時に、問診から触診・治療・生活指導までの一連の流れを実践的にやってみました。その後 聞き忘れた部分や ここはもう少しこうしたほうが良いんじゃないか?など フィードバックしていただきます。治療室で施術をする際は 短い時間で 、でも聞き逃してはいけないことがたくさんあります。ポイントをおさえつつ 安全に 尚且つ効果的に治療を進めるには…基本に立ち返り しっかりと今後に役立てられるように勉強しました。 削除▲ページトップへ

2014年06月19日 [リンパ浮腫]
インターコンチ2日目。本日は リムズ徳島クリニックの小川佳宏院長のお話と症例検討でした。先生のお話は以前の講習会でも伺いましたが、それよりもまたチョッと違ったお話が聞けました。薬剤性の浮腫やリンパ浮腫とその他の浮腫との鑑別。CTを講習会場にお持ちいただいて、実際に画像を写しながら いろいろと教えて頂きました。普段の臨床で 「あれっ・・」って思うような事を 先回りしてお話しして下さった感じでとても参考になりました。午後は症例検討ここでも小川先生からもいろいろなアドバイスがありました。その中でも弾性着衣の話が良く出てきて、小川先生も日々 悩み どれが最適かは永遠のテーマだという主旨のお話をされていました。弾性着衣は患者さんの状態、年令、家族構成によっても変わってきます。では きつめの弾性着衣を着けていればそれで全て解決か…と言えばそうでは無いので、ご自身でのセルフチェックはもちろんのこと セラピストや御家族の力も欠かせない。より 親密に 少しの変化も見逃さず適切なアドバイスやその時に合った弾性着衣の選び方など 気を引き締めてやらなければ。今回は弾性着衣の難しさを学んだ講習会だったように思います。新しいセラピストとの出会いも沢山あったので、情報交換をしつつ 患者さんの状態が少しでも良くなるように努めて行きたいと思います。今月末にはまた横浜へ行ってきます。今回知り合ったかたも何名も参加するとのこと。楽しく 勉強して来たいと思います。ランドマーク

2014年06月18日 [リンパ浮腫]
協会やって来ました。横浜。朝から暑い…最高気温20度の札幌から いきなり30度ですから。しかも湿度が高いです。昨日は冷房付けたまま 寝てしまいました。(これが普通なのかどうかすら わかりません)何はともあれ講習会です。初日は弾性着衣。今回は普段の弾性着衣の紹介から一歩進んで 試着の時間もたっぷりありました。弾性着衣には丸編みと平編みがあります。今回は履き比べる時間もあり、いろいろなストッキングや補助具など試してきました。みなさんが「平織りは良いよ〜」とおっしゃる意味が少し分かりました。履くときは分厚いし硬いしで、敬遠しがちなのですが履いてみたら足へのフィット感(ストッキングを履いたので)が柔らかくて気持ち良い。丸編みは履きやすいですし イメージは普通に売っているストッキングの硬いもの…と言う 私のイメージでしょうか?あとは 屈伸した時に膝裏に若干の食い込み感を感じました。そんな時は膝裏に柔らかいガーゼやハンカチなどを当てると良いそうです。食い込みは一番避けたいところなので 皆様ももう一度確認してみて下さいね。平編みは高価ですが、1度試してみても良いかもしれません。平編みはオーダーのイメージですが、既製品もあり はじめはこちらから試してみるのも良さそうです。夏の暑い時期ですが、通気性が良く なかなか良かったですよ。弾性着衣は選ぶのも難しいですが、計測もしっかり学んで来ましたので少しでも身体にピッタリな弾性着衣を付けて頂けるよう 今後も頑張って行きたいと思います。スキルアップ1

2014年06月09日 [リンパ浮腫]
平成26年6月14日、15日と 医療リンパドレナージ協会の講習会へ参加して参ります。今回の講習会は 弾性着衣と鑑別診断です。弾性着衣の選択はなかなか難しく、少しでも患者さんにピッタリ合ったものを選択出来る方法を学んで来ます。また 今回はカスタムメイドの計測法も講習してもらえるようなので こちらもしっかりと頭に入れて来たいと思っています。2日目は鑑別診断で、医師からの理論講義の他セラピストによる症例検討などもあるので普段の臨床に役立てたいと考えています。治療院で一人で行っていると なかなか他のセラピストとの交流がありませんので他の方のお話も聞けたら嬉しいなぁ〜少しの間お休みを頂き ご迷惑おかけいたしますが よろしくお願いします。

2013年11月19日 [リンパ浮腫]
先日に引き続き、勉強会に参加して来ました。11-17公演は「やがて消え去るリンパ浮腫-乳がん治療の変遷を考える-」と 「乳癌患者における腋窩リンパ節領域への放射線治療と上肢リンパ浮腫」言うタイトルで、どのようなお話をされるのか とても楽しみにしていました。昔は乳がんの根治を目指し 乳房、大胸筋、小胸筋、腋窩軟部組織などを切除する方法が取られていましたが最近では 最初に薬物療法による全身治療を行い その後に局所治療(手術、放射線照射)を行う手順が主流になりつつ有る。 と言うお話でした。乳がん患者全員に同じことが出来るとは言えませんが、原発病巣や腋窩に対する外科手術が小さくなればなるほどリンパ浮腫の患者さんはいなくなるはずですよね。沖本先生の講演では 最初に リンパ管を見たことがありますか?という事で リピオドールリンパ管造影の写真を見せていただきました。綺麗な写真で、リンパ節からリンパ管の弁も写っており、そこから糸みたいなリンパ管が垂れ下がり また弁が有り・・・綺麗なすだれ上に見ることができました。骨からの位置関係で 体表に近いことが推測され 何処にリンパ管があるか解ってはいましたが実際に写真を見ることにより ドレナージする時にとてもイメージしやすくなりました。貴重なお話で またこのような機会があれば是非参加したいと思います。

PageTop